営業職 役立つ 資格

現在の仕事に役に立つからと資格を取得する人が増えています。
もしも転職するとき、資格があれば有利になるだろうと、資格取得を考えている人が増えています。

 

様々な理由から、資格取得を目指している人が多いんですよ。

 

でも簡単に資格取得と言っても、様々な資格があってどれを取得したら良いのか悩みますよね。

 

あれもこれも役に立ちそう・・・なんて思っている間に時間だけが過ぎていく・・・
そうならないように、ここではご紹介します。

 

今回は営業職に役立つ資格をご紹介します。

 

営業職に役立つ資格、転職に有利になる資格をご紹介します。

 

実は営業職に必ず必要な資格というものはないんです。
この資格がないと営業職にはなれないという、具体的なものはないんです。

 

でも、営業職に役立つ資格はないのかと言うと、そうではないんです。

 

営業職で持っている役立つ資格は色々あります。

 

・営業士検定
初級、上級、マスターと級にわかれています。
初級は基本を問われ上級は営業管理や営業指導を含む内容を問われます。
マスターになるとマネジメント、マーケティングに関することを問われたものを出題されます。

 

・セールスレップ
1級から3級までの階級があります。
3級は営業や販売活動などの基礎、2級は企画営業、提案営業での応用や、財務企画管理など。
1級になると経営などの実績知識、営業・販売活動の実績や応用知識などどれだけ取得しているかが
必要となります。

 

・TOEIC
英語を使う機会が増えている現代ですが、営業職も同じことですね。
TOEIC700点以上あれば、転職に有利になること間違いありません。
営業先で英語が役に立つこともあるため、営業職で役立つ資格だと言えますね。

 

 

この他にも営業職に役立つ資格はありますが、取っておいたほうが良い資格の中に
普通自動車免許があります。

 

普通自動車免許は営業職に必須ではありませんが、営業先をまわったり
商品や物品を届けるために、普通自動車免許は欠かせません。
あるにこしたことはないという資格が普通自動車免許かもしれません。