介護の仕事は資格なしでもできる?

 

介護の仕事に就きたいと考えています。
でも資格がないからとあきらめていました。

 

こんな声をよく聞きます。

 

介護の現場ばどうしても資格が必要だと思いますよね。
資格が必ず必要だと思っている人がほとんどだと思います。

 

でも本当に介護の現場では資格が必須なのでしょうか?

 

ここでは介護の仕事は資格なしでもできる?かどうか、ご紹介します。

 

介護の現場で働くというと、ヘルパーを一番に思い出しますよね。
介護が必要な人に直接対応する人のほとんどは資格が必要です。
色々な知識や情報を必要とし、勉強し経験した人が必要とされています。

 

ですが、介護が必要な人に直接的に関わらない人は、資格がなくてもできる場合があります。

 

具体的に言うと、送迎車両の運転手がそうです。

 

介護施設から介護が必要な人のお宅の間を運転する人、送迎車両を運転する人は
介護の資格がなくても働くことができます。

 

介護職員が一緒に同乗する送迎車両は、直接的に接することが少なく
運転をメインに行うため、普通免許さえあれば働くことが出来るのです。

 

介護の仕事は資格なしでもできる?という事になります。

 

 

その他にも介護施設で働くだけなら、資格なしでも働けます。
介護施設の中には、食堂や売店など様々な場所で色々な人が働いています。
食事の準備は資格のない人が多く働いています。
売店の販売員も資格がなくても働けます。

 

他にも介護の現場では様々な人が、資格がなくても働いています。

 

たとえば洗濯もそうです。
洗濯ものを洗濯し、入居者のお部屋に畳んだものを届けたり
必要なものを買い物にいったり、薬の手配をしたりと、雑用がメインになります。

 

介護職員の補助的仕事も、資格がなくてもできるので
資格がなくても介護の現場で働くことはできるんです。

 

 

介護の現場で働きながら、その後資格をとったという人も
結構いるんですよ〜。

 

介護の仕事は資格なしでできる?というのは本当なんです。
できる仕事は限られてしまいますが、人手不足の介護の現場なので
求人は沢山ありそうですね。