不登校の支援をするにはどんな資格があるの?

不登校やひきこもりとなってしまった児童や生徒は、全国29万人いると言われています。
年々増加する傾向があるため、厚生労働省が平成21年度よりひきこもり対策推進事業」を創設し、
日本全国に支援コーディネーターを配置した「ひきこもり地域支援センター」を展開しました。

 

平成23年度より家庭訪問を中心とする支援も開始するなどの背景から、「不登校専門相談員」や
「ひきこもり支援相談士」のニーズが高まっています。

 

第三者の立場から生徒さんとそのご家族に接し、学校や社会復帰を目指すのを支援する役割を
担いますが、中間施設(グループホーム、フリースペースなど)を活用することで、不登校や
ひきこもりから一歩踏み出せるようお手伝いをします。

 

仕事の内容として、「不登校専門相談員」では
・家庭教師業界やサポート校内の問題支援活動
・「ひきこもり地域支援センター」での常駐相談員
・NPO主催の支援団体
・日本全国の各支部での支援相談
・ボランティア活動・その他有償活動への参加
・全国各地域主催の児童相談
・ひきこもり支援相談士認定協議会での活動
があり、「ひきこもり支援相談士」は
・「ひきこもり地域支援センター」での常駐相談員
・「子ども・若者総合相談センター」での相談員
・NPO主催の支援団体
・日本全国の各支部での支援相談
・ボランティア活動・その他有償活動への参加
・全国各地域主催の児童相談
・ひきこもり支援相談士認定協議会での活動

・子ども・若者支援地域協議会での活動
があります。

 

いずれも(一般社団法人)ひきこもり支援相談士認定協議会が主催する民間資格で、
試験の受験資格における制限は特にありません。

 

所定の養成講座(約3ヶ月間の在宅学習)で学んだ後に、レポートを提出して
合格すれば資格を取得出来ます。

 

教材の内容ですが、「不登校専門相談員」では、講義DVD2枚、テキスト1冊、副教材1冊、
問題集1冊、学習の手引き1冊が含まれ、カリキュラムは下記のとおりです。

 

【不登校の現状と障害性の基礎知識】
・学校における不登校の現状
・不登校の原因
・発達障害とは
・発達障害と不登校のつながり

 

【不登校の子ども達に対する訪問支援の基礎知識】
・訪問支援とは
・訪問支援を行う目的
・訪問支援を行う際の心構え
・障害性に対する対処方法
・訪問支援の流れ
【事例研究】

 

「ひきこもり支援相談士」は、講義DVD3枚、テキスト2冊、問題集1冊、学習の手引き1冊が
含まれており、カリキュラムは次のとおりです。

 

【ひきこもり支援を考える】
・なぜ「ひきこもり問題」と呼ばれるのか
・「ひきこもり」を理解する
【ひきこもり支援相談士】として求められる知識
・なぜ「ひきこもり支援」が必要?
・「ひきこもり支援」の基礎知識
・「ひきこもり支援」を必要としている人たちは
・相談支援における基礎知識
・相談支援の流れ・進め方
・ひきこもりと医療機関への繋がり
【事例研究】

 

 

修了後は、
・不登校対応スペシャリスト(独立開業されている方など)
・不登校訪問専門員取得者の講師(雇用促進提携)
などで活躍されることになります。

 

(まとめ)
不登校やひきこもりとなってしまった子供さんが増え続けている状況で、国からの支援も
ありサポート体制が出来つつあります。
「不登校専門相談員」や「ひきこもり支援相談士」といった資格が注目されています。
受験資格には、特に制限がないことからどなたでも3ヶ月程度学習し、レポートを提出して
合格出来れば資格を取得することが可能です。挑戦されてみてはいかがでしょうか?