カウンセリングの資格を取得すると看護師は楽になる!

義理の姉が看護師をしています。
話を聞けば聞くほど過酷な仕事だなと思います。

 

 

姉は40代半ばで看護師歴20年のベテランですが
「以前よりもさらに過酷になった!」
と言います。

 

 

その理由として
「とにかくストレスが多い!」

 

 

中でもドクターのストレスが一番だそうです・・・。
笑うに笑えないですよね。

 

 

カウンセリング資格を取得して一番良かったことって何だと思います?

 

 

「自分自身が楽になったことです!」
よくカウンセリングの資格なんて取得しても役に立たないって聞きます。

 

 

でもハッキリ言ってそんなことないですよ。
資格を持っているから
・就職が決まる
・給料が上がる
と言ったことはあまりないかもしれません。

 

 

実際には資格を持っていたおかげで採用された
という話も聞いたことはありますが、それはちょっと置いといて。

 

 

でなぜ資格を取ると言いかというと
自分の気持ちや考え方に変化が出るんです。

 

 

結果というのは行動によってもたらされます。
行動は思考によって変化します。

 

 

つまり思考を変えれば行動が変化し結果が変わります。
実は姉にもその話をして資格取得をすすめました。

 

 

最初は
「そんな時間ないから無理!」
って言ってたのですが騙されたと思ってやってみてって強引にすすめました。

 

 

そしたら最近仕事の愚痴を言わなくなりました(笑)

 

 

それどころか
「同僚にもカウンセリング資格を取得するように薦めてるの♪」
って嬉しそうに話していました。

 

 

看護師の仕事をやりがいがあって楽しくするために
カウンセリングの資格を取得すると良いと思いますよ。

 

 

ちなみに姉に勧めたのは
『心の健康保全に必要なストレスマネージメントを身につけることができる』
準ケアストレスカウンセラー資格です。

 

詳しくはこちら↓の記事を参考にしてみて下さいね。

 

⇒ 準ケアストレスカウンセラー資格とは

 

 

 

トップに戻る