臨床心理士の年収はどれくらいでしょうか。

臨床心理士の年収はどれくらいでしょうか。

 

 

いくつかの例を見てみましょう。

 

 

就職先としては病院や学校関係がほとんどです。そのため、スキルと関係なく年齢によって年収が決まる傾向にあるようです。また、臨床心理士の仕事内容から若い人よりも経験豊富な人材を求める傾向にあります。また、職場によって年収は大きく異なります。

 

 

300万円未満の人から、500万円以上の人もいます。

 

 

あなたがこれから臨床心理士の仕事に就きたいと思っているならば、将来性のあるところを選ぶべきでしょう。長く務めることで、仕事のやり方も慣れてきますし、経営者からの信頼も得られることでしょう。

 

 

もちろん、臨床心理士としてきちんとした仕事をしなければなりません。ただ、臨床心理士の仕事内容が具体的に決められているわけではありません。

 

 

職場に応じていろいろな相談を受け付けているのです。勤務形態として、非常勤や嘱託の人が多いため、年収としては少なめになっているかもしれません。

 

 

しかし、パートタイムや週3,4日の勤務でいい場合も多いようです。主婦として家事をしている人でも、働きやすい仕事なのかもしれません。

 

 

相談する人がいなければ何もすることがない職場もあります。単純に年収だけを見るのではなく、勤務形態も考慮して評価することが大切です。

 

 

一生懸命働けば、その努力は報われると考えてよいでしょう。臨床心理士は複数の人と協力して一つのことに当たる場面は少ないようです。

 

 

同業者との付き合いはほとんどないようですね。

 

 

 

トップに戻る