臨床心理士の大学

臨床心理士の資格を取るためには指定の大学院を卒業する必要があります。国立、私立ともたくさんありますから、近くの大学院に行くことをお勧めします。

 

 

臨床心理士専門の大学があるわけではなく、組織上は大学院の教育学研究科に属していることがほとんどです。つまり、学校教育などと分野としては同じに位置付けられているのです。

 

 

大学院には第1種と第2種があります。

 

 

第1種とは大学院内で研修を行うカリキュラムが設けられているため、卒業と同時に受験資格を得ることができる大学院です。それに対して第2種とは実習がないため、卒業後実務経験1年以上が必要となります。

 

 

それから、臨床心理士養成のための専門課程を設けている大学もあります。指定を受けている大学院はたくさんありますが、それぞれの募集定員は少なく、競争率は高くなります。

 

 

狭き門と言っていいでしょう。通常の大学院では一ケタの定員となります。

 

 

これから臨床心理士になろうと考えているならば、それぞれの大学院の募集要項を調べてみることが大切です。その上で受験勉強をしなければなりません。

 

 

臨床心理士の場合は就職してからの仕事内容がおおよそ想定できます。臨床心理士になるための様々な知識を得ることと、実習によって経験を積むことが大切です。

 

 

学校で学んだことだけではなく、実際に仕事についてから学ぶこともたくさんあります。新しい知識と現場で初めて知ることもあるのです。

 

 

臨床心理士は若い人よりも、経験豊富な人が信頼されることが多いでしょう。

 

 

トップに戻る