個人で臨床心理士に相談したい時はどうしたらいいの?

臨床心理士は、学校のスクールカウンセラーや犯罪や災害が起きたときに、心のケアのために派遣されたり、高齢者支援や子育て支援などの活動をし、地域全体の支援をするというイメージがあります。

 

 

複雑な現代社会には、子どもから高齢者まで、臨床心理士の担う役割は、重要になっています。では地域のシステムを利用しないと個人的には相談できないのでしょうか?

 

 

近年では、「私設心理相談所」を開設する開業臨床心理士が増加してきています。この私設心理相談所は、個人で臨床心理士職のカウンセリングを受けることができます。

 

 

精神科などの医療機関ではないので、保険適用にはならず、相談所などにより金額は違いますが、例えば50分、初回12,000円、2回目からは10,000円などの金額になります。

 

 

日本臨床心理士会のホームページから、(臨床心理士に出会うには)の画面をクリックすると、全国の臨床心理士が活躍している相談所などを検索できます。

 

 

カウンセリングを受けたいという人が検索するのですから、気になることはたくさんあると思います。

 

 

そんな点も細かく検索できるようになっていて、相談したい臨床心理士の性別を選択できたり、取り扱っている領域がわかったり、実施している援助技法はどんな技法でアプローチしてくれるのかさまざまなことが明記されています。

 

 

臨床心理士ではないのですが現役のスクールカウンセラーのMayuさんは無料で相談にのっています。詳しくはこちらのHPに書いてあるので確認して見てください。

 

⇒ スクールカウンセラーになるには

 

 

トップに戻る