家族療法カウンセラーってどんなことするの?家族療法カウンセラーになるには?

家族療法カウンセラーをご存知ですか?

 

 

最近耳にする機会が増えましたよね。児童カウンセラーど同様に耳にする機会が増えたと思います。

 

 

心理的なことをカウンセリングをしてくれる人のことを指すのだと思いますが、家族療法カウンセラーはまた少しくくりが違うように感じますよね。気になったので色々調べてみました。

 

 

家族療法カウンセラーってどんなことをするの?家族療法カウンセラーになるには?どうすればいいの?気になるけど、意外と知られていない家族療法カウンセラーについて、ご紹介します。

 

 

まず家族療法カウンセラーとはいったいどんなことをするのでしょうか?

 

 

家族療法カウンセラーは、家族全体で行うカウンセリングを行う人のことを指します。

 

 

例えば、災害などで心のケアが必要な児童がいる家庭を家族全体でカウンセリングをしたりいじめや不登校などで心のケアが必要な子どもがいる家庭には、本人だけでなく家族全体でカウンセリングを行うことで、より問題を解決しやすいと考えられています。

 

心のケアが必要な児童だけをカウンセリングするのではなく家族の問題としてどうしていくか、家族で話し合いをしながらカウンセリングをする人のことを家族療法カウンセラーと呼びます。

 

 

実際には、心のケアが必要な児童だけでなく、家族のカウンセリングを行い問題を取り除いたり、周りがどう接するかなど話し合い改善することが主な仕事です。

 

 

では家族療法カウンセラーになるためにはどうすればよいのでしょう。

 

 

まず家族療法カウンセラーは専門性の高さが求められます。そのため、一番の近道は大学で勉強することが家族療法カウンセラーになるための最短コースかもしれません。

 

 

ですが、大学に通えるだけの時間とお金がない人は家族療法カウンセラーになれないのでしょうか?

 

 

実は家族療法カウンセラーになるための資格があります。児童カウンセラーの上位資格として家族療法カウンセラーという資格があります。

 

 

家族療法カウンセラーの資格を取るためには、児童カウンセラーの知識も必要になり、理解をしておかないといけないので、児童カウンセラーの上位資格となっています。