養護教諭が持っていると役立つ資格ってどんな資格?

最近養護教諭を目指している人が多いですね。

 

 

養護教諭とは通称保健室の先生と呼ばれていることが多く誰もが一度はお世話になった先生で子どものころ憧れた!なんて人もいるぐらいですよね。

 

 

でも養護教諭になったときに、色々な資格を持っていると実際の現場で役に立つし、養護教諭に採用されやすいということもあります。ここでは養護教諭が持っていると役立つ資格ってどんな資格?なのか、ご紹介します。

 

 

まず衛生面について、養護教諭は知っておくと現場で約に立つと思います。大学の授業では衛生面について不十分なので、勉強するとよいですね。

 

 

その為には第一衛生管理者の資格があるとよいですね。採用にも役立つとは思いますが、現場で知識があるのとないのでは大違いです。看護師の資格もあるとなおよいですね。

 

 

私学では看護師免許のある人が養護教諭に採用されています。生徒の急な体調不良に対応できると、看護師免許がある養護教諭が優遇されているのは確かです。

 

 

赤十字救急法急員の資格もあると便利ですね。病気の生徒やけがをした生徒を正しく手当てし、病院に行くまでの応急手当ての知識があると養護教諭としてとても役に立つと思います。

 

 

後、当然ながら運転免許も必要です。児童がケガや病気で病院へ連れていく際に、運転免許がなければ対応できないので、必須といっていいほど、運転免許資格は必要です。

 

 

後、教育の場が勤務先という養護教諭にはカウンセリング能力を求められる場合もあります。保健室では、病気やケガ以外にも様々な相談を受けるケースがあります。例えば不登校の生徒や問題のある生徒が保健室にくるケースも増えてきました。

 

 

そういった場合、養護教諭がカウンセリング資格を持っていると、カウンセラーの役目も果たすことができるので、採用されるときに有利ですね。何より自分が現場に出た時に活用できると思います。

 

 

これらのように、養護教諭が持っていると役立つ資格はいっぱいあります。すべての資格を持つことは難しいかもしれませんが、自分はどの部分を強化したいのかよく考えて勉強するとよいと思います。