カウンセラーになるには資格は必要?

スクールカウンセラーや心理カウンセラーのお仕事が脚光を浴びていますね。

 

 

海外では何かあればカウンセリングを受けるという人が当たり前で個々にかかりつけのカウンセラーがいるぐらい一般的なんですよ。

 

 

でも、日本ではカウンセリングを受けるという人は、一昔前では少なかったと思います。

 

 

ですが、近年色々な悩みを抱えている人が増えてきている状況になり専門職でない人が、カウンセリングできない状況になってきました。

 

 

やっぱり専門的な知識がないままカウンセリングをしても良い結果は生まれませんよね。そんな理由から、カウンセラーの需要が高まってきたというわけなんです。

 

 

ではカウンセラーになるにはどうしたらよいのでしょう?

 

 

カウンセラーになるには資格は必要?なのでしょうか。こちらではカウンセラーになるにはどんな資格が必要なのか、まとめてみました。

 

 

・大学の心理学部へ進学する

 

心理カウンセラーは精神科医とは違うので、医学部へ進学する必要はありません。ですが、心理学を学び臨床心理士の資格を取得すると、カウンセラーの道は大きく開けます。心理カウンセラーの中でも学校などで勤務できるスクールカウンセラーを目指している場合は臨床心理士の資格があると、採用されやすいですよ。

 

 

・専門学校へ進学する
先ほども説明したように、心理カウンセラーは精神科医とは違うので、医学部へ進学する必要がありません。なので大学以外の場でも心理学を学ぶことができれば、大学ではなくても専門学校でも良いのです。

 

 

・学校へ通うことなく心理学を学ぶ
在宅や通信講座で心理学を学ぶことができ、心理カウンセラーに活かせる資格を取ることができます。現在ほかのお仕事をしていても、学校が近くになくて通えなくても、在宅や通信講座で資格を取得できますよ。

 

 

ちなみにカウンセラーになるための資格というのは存在しませんが、資格を持っていると採用されやすい、現場で活かすことができるなど色々な資格があるので、自分がどのカウンセラーになりたいかを考えて、ためになる資格を選ぶとよいですね。