カウンセリング資格を取得したい場合はどうしたら良い?

カウンセラーを目指して勉強をしているという人を、最近よく見かけます。

 

 

人のためになる仕事をしたい、悩んでいる人の助けになりたいとやりがいのある仕事を希望し、カウンセラーになりたいと感じている人が増えてきました。

 

 

でもカウンセラーになるにはどんな資格を取得したらよいのでしょう?

 

 

カウンセリング資格を取得したい場合はどうしたら良い?

 

 

ここではカウンセリング資格を取得したい場合、どうしたら良いのかご紹介します。

 

 

カウンセラーになるにはこの資格が必ず必要という具体的な資格はありません。ですが、資格があると就職しやすくなり、実際に現場に立った時役に立つものも多くあります。

 

 

一般的にカウンセリング資格と呼ばれているものをご紹介します。

 

臨床心理士
認定心理カウンセラー
認定心理士
学校心理士
産業カウンセラー
精神保健福祉士
教育カウンセラー
メンタルケアカウンセラー

心理相談員
交流分析士

 

など等このほかにも色々資格があります。

 

 

では、カウンセリング資格を取得したい場合はどうしたら良い?のでしょうか。まず、自分がどういったカウンセラーになりたいか考えてみる必要があります。

 

 

学校で児童や生徒にカウンセリングするスクールカウンセラーや心理カウンセラーを目指す場合、病院などの医療関係でカウンセリングするカウンセラーになりたい場合、保健所や福祉センターなどの福祉機関でカウンセラーとして働きたい場合、それぞれ必要な資格があります。

 

 

まずは自分の目指す道を考えて、資格取得を考えたほうが近道になります。では、進みたい道が決まったら、次は資格を取れる場所です。

 

 

例えば臨床心理士だと大学に通う必要があります。大学で資格を取らないといけないので、大学へ通う必要があるのです。ただ、すべての資格が大学に通わないといけないというわけではありません。

 

 

通信講座で資格を取得できるものもあります。自宅で勉強しながら、カウンセラーとしての勉強もできカウンセリング資格を取得することもできます。

 

 

カウンセラーになるにはこの資格が必ず必要という具体的な資格はないからこそ大学で資格を取るだけではなく、通信講座や専門学校などで資格を取ることもできるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。