カウンセリング資格で看護師に選ばれてるのは?

近年、カウンセリングを希望している人が多いですね。スクールカウンセラーや産業カウンセラーなど、様々な分野で悩んでいる人が多く、カウンセリングを必要とされています。

 

 

それは医療現場でも同じことです。カウンセラーが医療現場で働くことも少なくありませんが、看護師がカウンセリングの勉強をしていてると、現場で役に立ちます。

 

 

実際に患者に一番接するのは看護師で、悩みのサインに気付きやすいのも看護師だと考えられるからです。では、看護師に選ばれているカウンセリング資格はどのような資格なのでしょうか?

 

 

実際、カウンセリング資格で看護師に選ばれているのにはこのような資格があります。

 

 

臨床心理士
心理学の資格として、最も信頼性があり知名度がある資格です。うつ病やパニック障害など、心の問題に向き合うのが臨床心理士です。患者様に接する時間が多い看護師だからこそ、プラスに持っていると役に立つ資格です。

 

 

メンタルケア心理士
臨床心理士のようにうつ病やパニック障害など、心の問題に向き合う役割があります。精神不安を持っている人の相談にのったり、負担を軽くしたりします。知名度は臨床心理士よりは知られていません。

 

 

医療メディエータ―
病院内で苦情や事故などが発生した場合、患者様と医療者の間に入って仲介役をします。この資格対象者は医師や看護師などの医療機関に働いている職員に限定されています。実際にこの資格を取った看護師さんは、この資格取得のために勉強したことで患者様の気持ちがよりわかりやすくなり、クレームに対応する能力が高くなったと感じているようです。

 

 

性暴力被害者支援看護職
性的な暴行や虐待を受けた被害者の心のケアをし、適切な対応をします。性暴力被害者の多くが医療現場を訪れることから、看護師が適切な対応をすることで二次被害を防ぐことができます。看護師が性暴力被害者の知識があることで、その後の治療もスムーズにすすむことから看護師に選ばれている資格といえますね。

 

 

その他にも、家族相談士、禁煙支援士、ケアカウンセラー、健康医療コーディネーターなど実際に医療現場で役に立つと考えられる資格が、看護師に選ばれています。