学習支援とは

最近、学習支援という言葉を、最近よく耳にするようになりました。よく耳にするけれど、実際によく意味が分からないという人もいると思います。

 

 

実際に私もそうでした。

 

 

学習を支援するのだということは、想像つきますが、具体的に何をするのかと聞かれると、きちんと答えれないものですよね。

 

 

学習支援とはどういう言葉なのでしょうか。意味を知っている人は意外に少ないものです。学習支援とは、その名の通り学習を支援するということになると思います。

 

 

それでは少し、詳しく説明させていただきます。

 

例えば、学校の授業についていけない児童や生徒、何らかの事情で学校へ通えなくなった場合、いじめがあって、教室へ入れない等様々な理由や、家庭の事情などで学習を支援する場合に、学習支援という言葉を使うようになりました。

 

 

学校に通えなくなった児童や生徒を、勉強面で支援し学校へ通えるようになった時には、勉強が遅れないよう支援することもあります。

 

 

その他にも、自閉症やアスペルガー、発達障害などの障がいがあり、支援が必要という児童や生徒が学習できるようになるまで、支援するという意味もあります。

 

 

障がいのある児童や生徒が、社会的な自立を目指し、働く力を身に着けるよう支援しています。基礎的な学力を定着し、コミュニケーション方法を身につけれるよう支援します。

 

 

また、学習支援とは、先生を目指している学生などが、通常の授業で活動を行うことも意味しており、小中学校で担任の先生の補助をしている場合もあります。

 

 

ある学習支援の塾では、小学生から大学生や浪人している児童や生徒まで対象で、不登校からひきこもりになった場合に、復学できるように支援し志望校合格まで導いた、学習支援塾もあります。

 

 

これらのことを考えると、学習支援とは。児童や生徒の学習をその人その人で必要な部分をサポートし、学校へ復学できる、将来を考え、未来設計をするという幅広い支援尾していることがわかります。

 

 

学習支援員の給料はいくらぐらい?

 

 

誰かのためになる仕事に就きたいと、学習支援員を希望している人が増えています。自分も子どもの頃、お世話になったからと、過去の経験を活かしたいと学習支援員になりたいと感じている人もいます。

 

 

でも、学習支援員の給料はいくらぐらいなのでしょう。ここでは、学習支援員のお給料は、いくらぐらいなのかご紹介します。

 

 

まず、小学校の学習支援員のお給料は、時給で計算されることがほとんどです。

 

 

市での採用と、県での採用でまたお給料は違ってきますが、時給1,500円から1,600円といったところでしょうか。更に、学校内での位置づけによって、時給は変わってきます。

 

 

時給だけ考えると、高いと感じますよね。

 

 

勤務時間は8時から15時でお給料は時給ですが、何かあった場合の残業手当というのが、付かないことがほとんどです。

 

 

その後は完全ボランティアというケースがほとんどになり、時間になったから、お先に失礼しますといえない現場だけに帰りづらいという状況はあるみたいです。

 

 

後、完全に時給制だからこそ、夏休み冬休みなどの休日は、お給料が少なくなってしまうので、その辺りは時給制のつらいところですね。

 

 

また、ある都道府県では、学習支援員のお給料はいくらぐらいかというと、1,000円というところもあるみたいです。先ほどの1,500円という時給を聞いた後に、1,000円という時給を聞くとぐっと安くなった気がしますよね〜。

 

 

都道府県によっても、時給の基準は違うみたいですね。

 

 

これらのことを考えると、学習支援員のお給料はいくらぐらいかというと、都道府県や採用の枠で変わってきます。

 

 

時給で計算されることが多く、8時ぐらいから15時ぐらいの採用で時給1,000円ぐらいから1,600円ぐらいになります。

 

 

残業はほぼボランティアになり、夏休みや冬休み、春休みは休みはお休みが増え、給料が少なくなってしまうということになります。

 

 

学習支援員のお給料は、決して多くはありません。場合によっては、ほかに掛け持ちのお仕事が必要な場合もあります。ですが、誰かのためになるお仕事にはなり、やりがいはあります。ぜひ、参考にしてみてくださいね。