小学校の支援員とは

いじめや不登校や引きこもりなど、現代の小学校では様々な問題が取り上げられています。
些細なきっかけで不登校になったり、人と違うことからいじめにあったり
場合によっては家から一歩も出れなくなって引きこもりになってしまう児童もいます。

 

 

そんな現状から、何かできないかと感じている人も少なくありません。

 

 

私にも何か手伝えることはないか?
児童の手助けがしたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

 

実は小学校では様々な支援員が、児童のために支援しています。

 

 

児童のために支援する支援員?といってもちょっとわかりづらいですよね。

 

 

小学校の支援員とは、教員んのように学習指導をするのではなく
教員のサポートをするという補助的な支援になります。

 

 

例えば、先生が本読みをしているとき、どこを読んでいるかわからなくなった児童の横で
読んでいる箇所を示してあげたり、教室内をウロウロしている児童がいれば
席に座れるように促してあげたり等、あくまで先生の指示によって対応し
支援するという内容になります。

 

 

時には喧嘩の仲裁に入ることもあり、先生一人では対応できない支援を
支援員がサポートしています。

 

 

支援学級にいる児童の補助も行います。

 

 

例えば、体に障がいのある児童の補助も行います。
車いすの児童には、車いすの手助けをしたり、トイレの手助けをします。
給食の手助けがいる場合には、給食を手助けしたり
体操服に着替える時に手助けが必要な児童がいれば、手助けをします。

 

 

知的障がいのある児童の補助も行います。

 

 

目の離せない場合、先生が居ない間の補助を行ったり
他の児童の支援を行っている先生の補助を行ったりと
その内容は様々です。

 

 

これまでご紹介した内容は、あくまで学校の方針、校長先生の方針などで
内容は変わってくるため、小学校の支援員とは何をするという具体的な内容は
実際に支援する小学校によって違います。

 

 

小学校の支援員とは、児童それぞれに対して支援が必要な内容を
先生の監視下により補助をするということになりそうですね。

 

 

小学校の支援員の時給はいくら?

 

 

小学校で支援員のお仕事を希望しています。
子どもたちのお世話がしたくて、支援がしたくて、
支援員をお仕事に就きたいと考えています。

 

 

こんな声を耳にする機会が増えてきました。

 

 

子どもたちの為になりたいと、小学校で働くことを考えている人が
小学校の支援員になりたいと感じているのです。

 

 

とてもやりがいのあるお仕事だと思います。
でも、小学校の支援員の時給はいくら?なのでしょうか。

 

 

子どもたちのためになるお仕事に就きたいと考えているけど
やっぱり時給も気になるところですよね。

 

 

生活のため、家計のために働くには
やっぱり時給は多いほうが良いですよね。

 

 

ここでは、小学校の支援員の時給はいくら?なのか、
実際の時給について、まとめてみました。

 

 

まず、小学校の支援員の時給はいくら?なのかと言うと、
都道府県や市町村によって、大きく違ってきます。

 

 

時給の差も大きく違い、780円から1,600円ぐらいの幅があります。

 

 

都道府県や市町村によって違うのはもちろんですが、
支援する学校によっても変わってきます。
もちろん支援内容も変わってきます。

 

 

小学校の支援員の時給はいくら?という具体的な数字はありませんが、
都道府県や市町村、自治体によって変わってくるため
小学校の支援員のお仕事を希望しているなら、時給はいくら?なのか
ちゃんと聞いた方がいいですよ。

 

 

小学校の支援員の多くが交通費が出ないことが多いため、
通勤にかかる交通費のことを考えないといけませんよね。

 

 

そういったことを考えると、時給は少しでも多いにこしたことはありません。

 

 

子どものためになりたいと、子どもの支援をしたいと思っていても
生活や家計が成り立たないと続きません。

 

 

小学校の支援員の時給はいくら?かどうか、ちゃんと確認し
調べてから、話を進める必要がありますよ。

 

 

でも、小学校の支援員のお仕事はやりがいがあるお仕事なので
時給はいくら?でも構わないという人もいるとは思いますが
やはり時給ははっきり知っておく必要があると思います。