小学校の支援員に必要な資格は?

小学校で働きたいと思っている人が増えています。
教員免許はないものの、子どもに携わるお仕事がしたいと
小学校の支援員として働きたいと感じている人が増えています。

 

 

そして、現在の小学校では、支援を必要としてる子どもたちがたくさんいます。
支援が必要なのに、支援できる支援員の数が不足しているのも現状なんです。

 

 

そんなことから、小学校で働きたいという学生や、
教育現場を目指している学生等、
子どもにかかわるお仕事がしたいと感じている主婦、
フルタイムでは働けないけど、短時間で働きたいという主婦など
様々な世代の人から、今注目されているお仕事が小学校の支援員なんです。

 

 

せっかく働くなら、子どもののためになるお仕事になりたい、
子どもが大好きなので、小学校で働きたいと様々な理由から、
小学校の支援員になりたいという人が増えています。

 

 

でも、小学校の支援員に必要な資格は?あるのでしょうか。
ここでは、小学校の支援員に必要な資格は?必要なのかどうか、ご紹介します。

 

 

ズバリ小学校の支援員に必要な資格はありません。
教員免許等、資格がなくても小学校の支援員には、なれるんです。

 

 

具体的に、この資格がないと支援員になれませんという資格はないんです。
ただ、資格があると小学校の支援員で支援しやすいという事はあります。

 

 

教員免許の他に、特別支援教育士という資格を持っていると
支援する際に役立つ資格だと言われています。

 

 

もちろん資格がなくても小学校の支援員にはなれますが、
採用の際に資格があると有利になることがあり
預かる子どもの保護者からも、資格があるとないとでは信頼度は確かに違います。

 

 

ただ、資格があると採用の際には有利になりますが、
基本は小学校の支援員に必要な資格はありません。

 

 

資格があってもなくても、誠意をもって子どもたちに接してくれる支援員が
小学校でも保護者でも必要とされています。

 

 

そんなことから、小学校の支援員に必要な資格はないため
小学校で働きたいと感じている人や、子どものためになりたいと思っている人が
今、支援員を目指しているんですよ。

 

 

小学校の支援員のよくある悩みとは?

 

 

小学校の支援員になりたいと思っても
色々なことがあまり知られていない分、わから事ばかりですよね。

 

 

都道府県や市町村や自治体によって、色々違いますが
小学校の支援員のよくある悩みとは、いったいどういう悩みがあるのでしょうか。

 

 

ここでは、小学校の支援員のよくある悩みについて、ご紹介します。

 

 

小学校の支援員のよくある悩みの中で
子どもたちとの信頼関係を作るのが難しいという悩みがあります。
信頼関係ができることで、支援がしやすくなります。
ですが、子どもたちそれぞれに支援の仕方が違うように
信頼関係の築き方も変わってきます。
わかりやすい子もいれば、要求を伝えにくい子もいます。
信頼関係を作ることは、小学校の支援員のよくある悩みの一つです。

 

 

次に小学校に支援員のよくある悩みの中で
子どものしかり方に悩んでいるという人もいます。
子どものことをむやみにしかりたくないけど、
危険な時やどうして怒らないといけない時、どういう風に叱れば良いのか、
これも小学校の支援員のよくある悩みの一つです。

 

 

聞いていた話と違う内容の支援を行うことになったという事が
小学校の支援員のよくある悩みの一つですね。
小学校の支援員は、学校やかかわる子どもによって内容が変わります。
更に都道府県や市町村や自治体でも変わっています。
支援の内容が違うことが悩みの一つだという人が多くいるのも現状ですね。

 

 

更に悩みがあっても相談できる人が居ないというのも
小学校の支援員のよくある悩みの一つです。
小学校の支援員の多くは、支援が必要な子どもと過ごすことが多く
何か悩みがあっても、先生に相談できないという状況が多いようです。
悩みがあっても相談できないという事が、悩みの一つのようですね。

 

 

小学校の支援員のよくある悩みは様々あります。
その悩みは支援する人によって変わってきます。
小学校でも変わってきます。
まずは悩みの原因を探り、解決できるように誰かに相談しても良いですね。