産業 カウンセラーとは?産業カウンセラーになるには?

産業カウンセラーとはどんなことをするのか知っていますか?産業カウンセラーになるには?どんなことをすればよいのでしょうか。

 

 

カウンセラーは知っているけど、産業カウンセラーはよくわからないという人が多いと思います。産業カウンセラーっていったい何なのか、意外に知られていません。

 

 

産業カウンセラーとはどんなことをするのか?いったい何なのかをご紹介します。

 

 

産業カウンセラーはとは、その名の通り産業で活躍するカウンセラーという事になります。働いている人たちの悩みを聞き、支援するのが産業カウンセラーの役割になります。

 

 

通常のカウンセラーとは異なり、働いている人たち特有の悩みがあるため特定の知識や情報が必要になります。

 

 

例えば、成績が上がらず悩んでいる人や、職場での居場所がないなど働く上での悩み事や、職場での状況や様々な事柄から悩んでいることが多いため専門的な知識や情報を持っている産業カウンセラーが必要とされているのです。

 

 

ある産業カウンセラーは、特別カウンセリング行うわけではなく実際に現場の中に入り込み、業務を行い人間関係や業務改善を円滑に行ったという話があります。

 

 

いつもは仕事には来ないのに、突然現れて仕事をはじめ周りは戸惑っていたそうですが、気づけばうまく機能していなかった現場をうまくまとめたという話があります。

 

 

こういった事例のように、産業カウンセラーは他ののカウンセラーとは違った方法でカウンセリングやヒヤリングを行うため、産業カウンセラー独自の知識や情報が必要となるのです。

 

 

では、産業カウンセラーになるにはどうしたらよいのでしょうか。

 

 

産業カウンセラーになるには産業カウンセラーの資格が必要になります。では、産業カウンセラーの資格はどうすればとれるのでしょうか。

 

 

実は産業カウンセラーの資格を取得する場合に、ある受験資格が必要になります。

 

 

まず、心理学に関わる単位をとる必要があります。それには4年制の大学や大学院で心理学を学び、ある単位をとる必要があるのです。

 

 

たまたま大学生の間に心理学を専攻し学んでいた人がのちに産業カウンセラーを目指し、その単位をとるために学校へ通ったというケースもあります。

 

ですが、大学生の間に心理学を学んでいなかった人がもう一度4年制の大学や大学院に通うとなると、時間がかかってしまいますよね。今から大学に通うとなると、それはあまりに時間がかかりすぎてしまいます。

 

 

他に方法はないのでしょうか。

 

 

実は他にも方法があります。

 

 

それは産業カウンセラー協会が行っている講座を受けるという方法です。産業カウンセラー協会が行っている講座を修了すると産業カウンセラーの受験資格を得ることができます。

 

 

ですが、ここで注意したいのが、産業カウンセラー協会の講座を受講して終了したら産業カウンセラーになれるというわけではなくあくまで受験資格を取得することができるという、受験資格を取得する為に産業カウンセラー協会の講座を受講、修了するわけなんです。

 

 

ですが、多くの人が後者の方法で、産業カウンセラーを目指しています。

 

 

では、産業カウンセラーになるには産業カウンセラー協会が行っている講座を受ければ良いという事はわかりましたが、実際はどのような講座なのでしょうか。

 

 

少しご紹介します。

 

 

産業カウンセラーの講座は、通学制の講座と通信制の講座があります。主にカウンセリングの基本を時間をかけて学び、実際にどう変化するのかを学習している仲間どうして学んでいくとういう内容です。

 

 

もちろん他にも学びますが、メインはカウンセリングの基本を学ぶという形を取っています。。その後は現場での実践で、経験を積んでいくという事になります。

 

 

産業カウンセラーの資格を取得したら、実際に現場で実績を積むという形になります。

 

 

現在産業カウンセラーの数は少なく、専業カウンセラーを雇う企業も少ないのが現状です。ですが、少ない求人だからこそ、産業カウンセラーの資格が有利に運ぶのです。資格取得者だから、採用されやすい現場だと言えるでしょう。