キャリアカウンセラーとは?キャリアカウンセラーになるには?

カウンセラーという職種は、カウンセリングをする人というのはよく知らてていますが、そのカウンセラーの中にも、様々な種類があるのは知っていますか?

 

カウンセラーは、単に人の悩みを聞くわけではなくその悩みに対して改善策を考えるのカウンセラーの役割になります。

 

 

時には話を聞いて、時にはアドバイスをしたり方向性を探したりして、カウンセリングをする人の心に寄り添うのがカウンセラーの役割になります。

 

 

でも話を聞いてアドバイスをするには、知識や情報が必要になります。カウンセラーのすべてが、なんでも知っていてなんでも相談に乗れるというわけではありません。

 

 

ですからカウンセラーにも専門性があって、その分野の知識や情報が必要な訳になります。

 

 

そしてカウンセラーの専門性から、様々な呼び名があります。
・心理カウンセラー
・スクールカウンセラー
・メンタルカウンセラー
・産業カウンセラー
・キャリアカウンセー等

 

この他にも様々なカウンセラーが存在し、色々な分野があるのです。この中でも今回は、キャリアカウンセラーに注目したいと思います。

 

 

では、キャリアカウンセラーとは?

 

 

聞いたことがないという人や、聞いたことはあるけど実際どんなカウンセリングをする人なのか良くわからないという声を耳にします。

 

 

キャリアカウンセラーとはどのような専門性があるのか?キャリアカウンセラーとは?どういったことをしているのかは意外に知られていません。

 

 

キャリアカウンセラーとは?キャリアカウンセラーになるには?どうすれば良いのか気になりますよね。

 

 

そこでキャリアカウンセラーについてご紹介します。

 

 

キャリアカウンセラーとは?
仕事を中心としたカウンセリングが専門で仕事の悩みはもちろん、その人の生活の悩みを解決したり現在の職に悩みを持っている人には、解決策を提案したり時には転職の相談したりします。

 

 

仕事を探している人には、自分にはどんな仕事があっているのかを探り支援をするのもキャリアカウンセラーの仕事です。

 

 

スキルがあってそのスキルを活かせていない人にはどのようにスキルを活かせるかを考え、もし転職を希望するならどんな仕事でそのスキルが活かせるかを探る役目もします。

 

 

お仕事に関わること全般のカウンセラーと言ったところでしょうか。

 

 

ではキャリアカウンセラーになるにはどのようにすれば良いのでしょう。

 

 

そもそも資格がなくてもキャリアカウンセラーになれるのでしょうか?

 

 

キャリアカウンセラーになるには?

 

キャリアカウンセラーの資格をとるのが最短です。キャリアカウンセラーの養成学校や資格取得のためのスクールなど多数あります。『キャリア・コンサルタント標準レベル』という厚生労働省認定の資格もあります。

 

 

キャリアカウンセラーは、ご自身の経験が最も活かすことができる職で、学校を卒業してそのままキャリアカウンセラーになった人より社会人経験があったほうが、採用されやすい傾向があります。

 

 

お仕事をしながら資格取得を目指している人が多いのもキャリアカウンセラーの特徴ですね。

 

 

お仕事の都合で通学できないという人には、通信講座もおすすめです。通信講座で勉強をして資格取得を目指した人は結構いるんですよ。

 

 

もちろん、通学する講座もあるので、お仕事帰りに通ってキャリアカウンセラーを目指している人も多くいます。

 

 

では実際に資格を取得したのち、キャリアカウンセラーはどんなところで活躍できるのでしょうか。

 

 

代表的なところでハローワークがあります。

 

 

お仕事を希望している人に、希望や条件を聞き出しお仕事を紹介したり、希望する内容以外にも、本人にあっているお仕事や資格や経験から活かせるお仕事などを提案したりします。

 

 

ハローワークや派遣会社では多くのキャリアカウンセラーが活躍しています。その他では会社の人事で働いたり、教育機関からの募集も存在します。

 

行政や自治体からの募集もあり、様々な分野でキャリアカウンセラーが活躍していることがわかります。