留学カウンセラーとは?留学カウンセラーになるには?

留学カウンセラーという職業を知っていますか?
カウンセラーなら知っているよ!という人は多いと思いますが、
実は留学カウンセラーというカウンセラーがあるんです。

 

では留学カウンセラーとは?
いったいどんなカウンセリングを行うのでしょうか?

 

留学カウンセラーというからには、留学に関わるカウンセラーという事になるのでしょうか?
でも実際にどんなカウンセリングを行っているのかは、知りたいですよね。

 

ここでは留学カウンセラーとは?どんなカウンセラーなのか
ご紹介したいと思います。

 

留学カウンセラーは、留学を考えている人に色々な知識や情報を伝え
実際に留学ができるよう手助けをしたり、助言をしたりする人を
留学カウンセラーと言います。

 

留学経験を活かして、今から留学を考える人に
どういう段取りで留学したのかを伝えたり、
留学した先での学校選びから入学手続きなど留学に関わることを多岐にわたって支援をします。

 

留学コーディネーターと呼ばれることもあるようです。

 

例えば留学を考えている人に留学についてどう考えているのかを質問します。
まずは、留学を考えている人の話を聞くところから始めます。
話を聞くことで、どんなところに留学したいのか?
何をしたいのか?どんなことを求めているのか見えてきます。

 

カウンセリングは直接話しをしたり、電話やメールを使用して話をする場合もあります。
しっかりカウンセリングをし、留学先や学校などを探していきます。

 

留学先や学校が決まったら、滞在先や滞在期間、費用などのアドバイスも行い
実際に学校の入学手続きや飛行機の手配など、留学についてのすべてのことを
留学カウンセラーが手助けをするというわけになります。

 

 

では留学カウンセラーになるには?どうすればよいのでしょう。

 

留学カウンセラーには資格があります。
実はこの資格、今とっても人気のある資格なんです。
自分が留学したことを経験に活かせる仕事だと、今注目されている資格の一つです。

 

ただ留学カウンセラーの資格がないと
留学カウンセラーになれないというわけではありません。

 

留学カウンセラーの他に、旅行業関連の資格も採用にアピールできます。
また、キャリアコンサルトやコーチングの資格なども
留学カウンセラーには活かせます。

 

その他にアピ―ルポイントとなるのが、英語が話せるかどうかです。
海外とのやり取りのほとんどが英語で行いますので、英語力は高いにこしたことはありません。
留学先の手続きなど専門英語をたくさん使う書類を扱うには
英語が話せるか、理解できるかは大きなポイントになります。

 

 

留学カウンセラーの多くが、留学経験があります。
やっぱり留学カウンセラーに薦められるなら、実際に留学経験がある人のほうが
カウンセリングをされる側も安心すると思いますね。
留学についての流れや、費用や期間はもちろんのこと
実際に留学してどうだったかを、カウンセリングをする相手は聞きたいからです。

 

自分の時はこうだったと説明されると、イメージが湧きやすいですよね。
それから考えると、留学経験はあるにこしたことはありません。

 

ただ、留学経験のない人でも留学カウンセラーになったという人もいます。
ですが、並大抵の努力ではないのが事実です。

 

留学経験がない人で留学カウンセラーを目指すなら
資格は必ずと言っていいほど、必要になります。

 

留学経験もなく資格もない人にカウンセリングをしてもらいたいと
思う人は少ないはずです。

 

留学カウンセラーになるには?資格取得や留学経験は近道だと思います。

 

最近では英語圏以外の留学先を希望している人も増えてきました。
アメリカやイギリス、オーストラリアやニュージーランドなど
様々な場所に留学を希望している人が増えています。

 

アジア圏も例外ではなく、韓国や中国など留学先に考える人も増えています。
英語だけでなく、そのほかの言葉も話せる人や様々な国や場所の文化や情報があれば
留学カウンセラーになる道は広がります。

 

留学を希望する人のニーズに合わせ、柔軟に対応できる人が求められています。