スピリチュアルカウンセラーとは?スピリチュアルカウンセラーになるには?

スピリチュアルカウンセラーをご存知ですか?

 

 

スピリチュアルなカウンセラーという意味でそう呼んでいるのですが、では具体的にどういったカウンセリングをするのでしょうか。

 

 

様々なエネルギーやメッセージをカウンセリングをする相手に届ける、伝えることが出来る人を、スピリチュアルカウンセラーと呼んでいます。

 

 

有名人で言えば江原啓之さんが、スピリチュアカウンセラーだとご紹介すればわかりやすいと思います。

 

 

ではスピリチュアルカウンセラーとは何を行っているのでしょうか。

 

 

ここではスピリチュアルカウンセラーとは、どんなことをするのか、またスピリチュアルカウンセラーになるためには?何をすればよいのかについてまとめてみました。

 

 

まず、スピリチュアルカウンセラーとは、エネルギーを受け取りメッセージに変えて相手に伝えるということは先ほどもご紹介しましたが、実際にはどのようにエネルギーを受け取り、どのようにメッセージを伝えているのか?

 

 

このエネルギーとは霊的なものだったり自然から感じ取るもの。

 

 

例えば霊的なものだとすればそれは守護霊だったり、自分の心の声のようなものだったりするもの。

 

 

 

スピリチュアルカウンセラーは昔から日本に存在していて霊能者と言われたり霊媒師と言われている人たちと同じと考えて良いでしょう。

 

 

霊能者や霊媒師と言われれば、少しイメ―ジが湧くのではないでしょうか。見えない力や存在からエネルギーを受け取るという感じです。

 

 

そしてそのエネルギーを受け取ったら、どのように伝えるかがスピリチュアルカウンセラーの仕事になります。

 

 

受け取ったエネルギーからどういう風に解釈し相手に伝えるかはスピリチュアルカウンセラー次第というわけなんです。

 

 

スピリチュアルカウンセラー次第となると、個々に解釈が違うという事になるのでこの人は良く当たる!この人は胡散臭いといったように受け取ったエネルギーをどう伝えるかで、相手に伝わり変わってしまうのです。

 

 

ではスピリチュアルカウンセラーになるにはどうすれば良いのか。

 

 

まずスピリチュアルカウンセラーになるには、当然ですが見えないエネルギーを感じる必要があります。。霊的なものを感じることが出来たり、言葉にできないような感覚を感じることが出来る人は、スピリチュアルカウンセラーに向いているでしょう。

 

 

ですが、そんな人は世の中でも一握りだと思います。でも、その力がないとスピリチュアルカウンセラーになれないというのでは困りますよね。まずはそんな力に少しでも近づけるように学ぶ必要があります。

 

 

具体的にどういうことをするのか一例をご紹介します。

 

 

まずは自分自身がストレスフリーになる必要があります。ストレスのない自由な気持ちを自分自身が手に入れることで、他人のことも考えれるようになります。

 

 

瞑想も同じような技法です。

 

 

瞑想することによって、無の状態を作り出し色々なエネルギーを感じやすくなります。

 

 

そしてスピリチュアルカウンセラーとしての基礎を学びます。

 

 

主に瞑想や心のケアの方法、ヒーリングやリーディング、クリアリングなどスピリチュアルカウンセラーに必要な基礎を学ぶことが大切なのです。

 

 

科学で解明されていない部分をカウンセリングするには大変な作業です。だからこそ、スピリチュアルカウンセラーに必要な基礎はしっかり学ぶ必要があります。

 

 

スピリチュアルカウンセラーには資格は必要ではありません。基礎を学び、専門知識を学べば資格はなくてもスピリチュアルカウンセラーになれます。

 

 

ただ、資格がなくてもスピリチュアルカウンセラーにはなれますが知識や専門性が理解できていないと、スピリチュアルカウンセラーになれないでしょう。そう考えるとスピリチュアルカウンセラーになるには基礎や知識をしっかり学ぶ必要があります。