転職 資格なし 20代

 

転職したい!と考えたことはありませんか?
今の仕事に何かしら不満を抱え、転職をしたいと思っていませんか。

 

でも転職したいけど資格なしだから不安だと思ったことはありませんか?

 

もし、転職したいと感じたら、資格なしで20代だったらどうなのでしょう。

 

やっぱり転職には資格なしだと不利なのでしょうか?

 

転職したいけど資格なしで20代だと、どう影響があるのかまとめてみました。

 

 

まず、転職する際に有利になるもの、それはやっぱり資格です。
資格があれば、採用に有利になり担当者の目にとまりやすいのは事実です。

 

でも資格がないから転職できないというわけではありません。

 

資格がなくても採用する担当者にアピールできれば、問題はないのです。

 

そして転職する際に資格と同様に採用担当者の目にとまりやすいのが経験です。

 

転職前の仕事で、どんな経験をして何が仕事に活かせるか、
そこをポイントにして、採用担当者にアピールする必要があります。

 

履歴書にどんな経験を積み、その経験をどう活かせるかを具体的に示し
アピールすると良いですね。

 

その為には、転職前のお仕事と同じ業種や職種を選び転職先を見つけると
経験が活かせ、アピールポイントになりやすいと思います。

 

転職する際に資格がなくても、20代という若さをアピールポイントにする方法もあります。
新しいことを覚える時間も柔軟性もたっぷりあるという、20代という若さを武器にし
アピールポイントにしちゃいましょう。

 

転職する際に資格なしで20代だったとしても、今後資格をとろうと勉強しているという
積極性も十分アピールポイントになります。
転職時には資格はないけど、就職する頃には資格取得者になれるよう
今からでも資格取得を目指すのも一つのアイデアです。

 

その際には、転職先に有利になる資格を選ぶ必要があります。
転職を希望する先に必要のない資格では意味がないので、少しでも必要のある
資格を選ぶことも必要です。

 

後は、転職する際に資格がなくて、20代でも有利に転職ができるのは人脈かもしれません。
人脈をフルに活用し、転職を有利に進めましょう。

 

その為には、人づきあいは大切にしたいですね。